はじめてのオーガニックママ&ベビーライフ~地球と一緒に子育てしよう

妊娠中のオーガニックスキンケアおすすめは琉白のシークワーサーシリーズ!ローズが入っていないところがポイント

妊娠中は通常時よりもホルモンが全開になり、それまでOKだったものがダメになったりすることがあると思います。私の場合それが最も顕著だったのが、ローズ入りのコスメでした。私はHANAオーガニックが大好きで、妊娠中と産後はお世話になったものの、妊娠中は、全然だめになってしまったのです。それで、HANAオーガニックの代わりに使っていたのが、こちらの琉白のシークワーサーブライトニングシリーズ(とネオナチュラルのネオベビーシリーズベビーローションを)でした。

妊娠中オーガニックスキンケア

ちなみに、ネオナチュラルのネオベビーシリーズも、こちらの琉白のシークワーサーシリーズも、どちらもローズが入っていないという共通点があり、柑橘系をベースにした比較的穏やかな香りというところがよかったのです。

以下、妊娠中のオーガニックスキンケアとしてどうして琉白のシークワーサーがよかったのか、自分なりの感想+分析をレビューしていきますね。

>>>琉白シークワーサーブライトニングエッセンス

>>>琉白シークワーサーブライトニングローション

>>>琉白シークワーサーブライトニングミルク

妊娠中のスキンケア、どうしてローズはだめになってしまったのか?

ところで、妊娠してからどうして急にローズがだめになってしまったのか、自分なりに考えてみたところ、以下の結論に達しました。
妊娠中は女性ホルモンが全開になり、エストロゲン&プロゲステロンが出まくるので、女性ホルモンを補う作用があるローズを体が受け付けなくなるのかしら、ということです。

以前、HANAオーガニックの創始者である林田七恵さんから、「ローズの香りがいい香りだと思うということは、女性ホルモンが足りていないということ」というお話を聞きました(詳しくは、姉妹ブログ「幸せのオーガニックコスメ」のこちらの記事をご覧ください)。

なので、女性ホルモンが「足りている」状態の妊婦だった時期、急にローズがダメになってしまったんだろうかと思っています。
※逆に、産後すぐはHANAオーガニックのローズ化粧水フローラルドロップを入院中からガンガン使い倒していましたが。

とにかく、妊娠前・妊娠中・産後で女性ホルモンのバランスは大きく揺れ動くので、女性ホルモンに作用する精油を含んでいるオーガニック化粧品は、急に受け付けなくなったり、急に使えるようになったりしがちなのかもしれません。

琉白のシークワーサーブライトニングシリーズは、ローズ不含、すっきりした柑橘系でつわり中でもOKでした!

私の場合、妊娠初期はそれほどでもなかったのですが、つわりの間(妊娠2~5か月くらい)に、急にローズがダメになり、代替品として使っていたのが、こちらの琉白のシークワーサーブライトニングシリーズでした。

シークワーサー化粧品

こちらは、シークワーサーブライトニングエッセンス(美容液)、シークワーサーブライトニングローション(化粧水)、シークワーサーブライトニングミルク(乳液)の3点セットです。

シークワーサーのコスメってはじめて聞く方も多いと思いますが、シークワーサーに入っているノビレチンという成分が今注目されており、このノビレチンがアンチエイジング効果が高く、日焼けなどで傷ついた肌の修復に効果的なのだそうです。

私の場合、妊娠中はとにかくローズの香りはだめになった一方で、柑橘系の香りは嗅ぐと吐き気が収まってとてもすっきり快適に過ごせたので、このシークワーサーシリーズは、本当に朝晩のスキンケアタイムが癒しの時間になっていました。

それでは以下、各アイテムのご紹介をしていきます。

琉白シークワーサーブライトニングエッセンス(美容)

まず、琉白のシークワーサーシリーズの中でも最初に作られたのがこちらの美容液「シークワーサーブライトニングエッセンス」です。

ローズ以外の美白

>>>琉白シークワーサーブライトニングエッセンス

3点セットのうち、私的に一番使い勝手がいいと思うのが、このブライトニングエッセンスでした。

シークワーサー化粧品

テクスチャーは、ややどろっとしていて、色は乳白色。肌なじみがとてもよくて、べたつきはありません。

全成分はこちらです。

シイクワシャー果実水、BG( サトウキビ由来)、ジグリセリン、スクワラン(オリーブ)、水、シィクワシャー果実エキス、ヤエヤマアオキ果汁、レモン果汁、ムラサキ根エキス、カンゾウ根エキス、ユキノシタエキス、オタネニンジン根エキス、ヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体、サリックスニグラ樹皮エキス、オレンジ油、バクホウシアシトリオドラ葉油(レモンマートル)

夏場は、人によってはこれ1本でもOKというくらい、さらっとしていながらしっかり潤うのが特徴です。私は乾燥肌なので、シークワーサーブライトニングローションとの併用じゃないとだめでしたが、脂っぽい肌の人はどれか1つと言われたらこれ1本でOKなのではないかとさえ思いました。

琉白シークワーサーブライトニングローション(化粧水)

そして、こちらが化粧水の「シークワーサーブライトニングローション」。海洋深層水がベースで浸透力がかなりあります。

妊娠中おすすめオーガニックコスメ

>>>琉白シークワーサーブライトニングローション

とてもさっぱりしていて、とにかくパシャパシャと使えるのですが、もう一つの特徴はふき取り可能ということ! 

琉白シークワーサーブライトニングローション

妊娠中、私は乾燥肌がむしろひどくなったのですが、人によっては脂っぽくなってしまうこともあると聞きます。なので、こちらの琉白のシークワーサー化粧水でふき取りケアをしてもいいかもしれません^^

全成分はこちら:

水(海洋深層水)、シークワシャー果実水、ペンチレングリコール(トウモロコシ由来)、プロパンジオール(トウモロコシ由来)、シイクワシャー果実エキス、ムラサキ根エキス、スクワラン(オリーブ)、ユキノシタエキス、カンゾウ根エキス、シャクヤク根エキス、ビルベリーエキス、サトウキビエキス、サトウカエデエキス、オレンジ果実エキス 、
レモン果実エキス、オレンジ油、バクホウシアシトリオドラ葉油(レモンマートル葉)、ビサボロール(カモミール)、ジグリセリン(ヤシ・パーム)、BG(サトウキビ)、ミリスチン酸ポリグリセリル-10(ヤシ・パーム)、ヘプチルグルコシド(小麦・ヒマシ油)

琉白シークワーサーブライトニングミルク(乳液)

最後にご紹介するのが、乳液というかクリームに近いしっかりした保湿力のある「シークワーサーブライトニングミルク」です。

シークワーサーブライトニングミルク

>>>琉白シークワーサーブライトニングミルク

こちらのミルクは、シークワーサーという柑橘系の香りではありますが、テクスチャーはかなりしっかりしていて保湿力はあります。

琉白クリーム

脂性肌の人には、こちらのコスメはそれほど必要ないかしら?と正直思うくらい、さっぱりした柑橘系の香りからは想像できないくらい意外とリッチです。
私は、時々しか使わなかったので、乾燥肌の人だったら、ローション+エッセンスの二本立てでもいいかもしれません。

全成分はこちら:

シイクワシャー果実水、水(海洋深層水)、オリーブ油、グリセリン、パルミチン酸、ペンチレングリコール(トウモロコシ由来)、ホホバ種子油、ステアリン酸、スクワラン(オリーブ)、シイクワシャー果皮エキス、ムラサキ根エキス、ユキノシタエキス、カンゾウ根エキス、オタネニンジン根エキス、ヨーロッパキイチゴ種子油、シア脂、アロエベラ液汁末、ヒマワリ種子油、ラウリン酸ポリグリセリル-10(ヤシ・パーム)、サリックスニグラ樹皮エキス、キサンタンガム、トコフェロール、オレンジ油、バクホウシアシトリオドラ葉油、ビターオレンジ花油、水酸化K、BG(サトウキビ)

妊娠中のオーガニック化粧品選びのポイントは、女性ホルモン様成分と妊娠禁忌成分が入っていないかどうか?

というわけで、とにかく妊娠中は、それまで使えていた化粧品が急に使えなくなる・受け付けなくなるということもあります。特にオーガニックコスメに関しては、香りや女性ホルモン様成分を持つ精油成分が入っていることが多いので、これに気を付けて選んでみるといいと思います。

ちなみに、女性ホルモン様成分の精油の主なものは、以下の通りです。

  • ローズ
  • イランイラン
  • ゼラニウム
  • クラリセージ
  • ネロリ
  • 月桃

もちろん、妊娠中でも微量であればこれらの成分が入っているコスメでも問題なく使えるとは思いますが、今まで使っていてどうも急に嫌いになってしまった・・・ということになったら、そのコスメに含まれている成分をチェックしてみて、女性ホルモン様成分が入っていないかどうか、調べてみるといいかもしれません。

女性ホルモン様成分が入っていないということに加えて・・・・化粧品に含まれている精油の量はごくわずかなのでそれほど気にする必要はないと思いますが、妊娠禁忌成分が入っていないことも基準にしてもいいかもしれないと思います。

たとえば、オーガニック化粧品でもよく使われることがあるローズマリー成分は、実は妊娠禁忌の成分です。微量ですのでそんなに気にしなくていいとは思いますが、念には念を入れたいという慎重派の方は、以下の成分が入っているオーガニックスキンケアは避けてもいいかもしれません。

  • ローズマリー
  • ジュニパー
  • ユーカリ

その観点からすると、オーガニックコスメで妊娠禁忌の成分が入っていなくて、なおかつ女性ホルモン様成分が入っていないものというと、琉白のシークワーサーブライトニングシリーズ(と、ネオナチュラルのネオベビーシリーズ)がおすすめです^^

>>>琉白シークワーサーブライトニングエッセンス

>>>琉白シークワーサーブライトニングローション

>>>琉白シークワーサーブライトニングミルク

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top