はじめてのオーガニックママ&ベビーライフ~地球と一緒に子育てしよう

オーガニックプレママにおすすめのマタニティ期グッズ

私が妊娠期間中お気に入りで使っていたグッズや、その後見つけて「これが私の妊娠中にあったらよかったな~」と思う商品・アイテムの一覧です。

オーガニックプレママ

妊娠中・妊婦・マタニティ期におすすめの化粧品

妊娠すると急に肌質が変わったり、ニキビなどのトラブルに悩まされることもあります。そんなときには化粧品を変えたほうがいい場合がありますので、参考にしてみてください。

妊娠中・妊婦・マタニティ期におすすめの基礎化粧品

妊娠中は、ホルモンバランスの変化で急にそれまで使っていた化粧品が合わなくなることもあります。特につわりの時期はフローラル系の女性ホルモンに似た香りがダメになることも・・・。そんなときには、女性ホルモン様の成分が入っていなくて、なおかつ妊娠禁忌の成分が入っていないコスメがおすすめです。

私は、妊娠する前まではローズ成分が大好きだったのですが、特につわりの間は全くダメになり。そのため、ローズを使っていない国産オーガニックコスメの琉白(るはく)のシークワーサーシリーズを愛用していました。琉白は全製品エコサート認証付きです。

妊娠中オーガニックコスメ

>>>国産オーガニックコスメ 琉白 シークワーサーブライトニングシリーズのレビュー

妊娠中・妊婦・マタニティ期におすすめの日焼け止め・UV製品

妊娠中の日焼け止め製品に関しては注意が必要です。基本的にヨーロッパのオーガニックコスメの基準ではナノ技術は不使用が原則ですが、日本のオーガニックコスメの場合はナノ技術を使用しているものもありますので、選ぶときに注意してください。ベストはメーカーへの問い合わせです。

なぜナノ技術がよくないかというと、通常皮膚からは吸収されない成分が真皮層まで落ち込んで体内に入り、妊娠中の場合は母体から胎児に影響が出るというおそれがあるからです(詳しい論文はこちら)。

私が妊娠中使っていたのはHANAオーガニックのウェアルーUVです。SPF30、PA++と日常使いには問題ありません。

妊娠中使える日焼け止め

>>>HANAオーガニック ウェアルーUV レビュー

ただ、ウェアルーUVはローズがベースなので、ローズがダメになってしまった人の場合、私の妊娠期間中には発売されていませんでしたが、国産オーガニックコスメ琉白のシークワーサーブライトニングUVヴェールとエトヴォスの毎年夏季限定発売されるUVミネラルシリーズがおすすめです。どちらもノンナノで、SPF50+、PA++++と高機能です。

>>>琉白 シークワーサーブライトニングUVヴェール

>>>etvos UVミネラルシリーズ

また、日焼け止めで日焼け対策をするのではなく、日傘などを取り入れての日焼け対策もおすすめです。紫外線を100%(99%ではない)カットできるサンバリアは、アンチエイジングの鬼で有名な勝田小百合さんもおすすめしている紫外線対策ブランドなのでおすすめです。日傘他、帽子や手袋などを特殊な生地で作っています。

>>>サンバリア

妊婦・妊娠中・マタニティ期におすすめのマタニティブラ

マタニティブラを買うつもりの方におすすめしたいのが、授乳ブラとしても使えるオーガニックコットン使いのもの。熊田曜子さんや春名亜美さん、加藤夏希さんなどとコラボしているスウィートマミーのマタニティブラがおすすめです。

スイートマミーブラジャー

>>>スウィートマミー マタニティブラ&授乳ブラ レビューその1

>>>スウィートマミー マタニティブラ&授乳ブラ レビューその2

妊婦・妊娠中・マタニティ期におすすめのマタニティウェア

マタニティウェアは安いものですまそう・・・と思っている方もいるかもしれませんが、ちゃんとしたブランドのものだと授乳口がついていたり、産後も長く使えるので、どうせならそういうブランドの服がおすすめです。

その観点からいうと、マタニティブラでもおすすめしたスウィートマミーは、すべての洋服がオーガニックコットンではないものの、デリケートなところなどに部分的にオーガニックコットンを使っていたりするのでおすすめです。

>>>授乳服とマタニティウェアの【スウィートマミー】

妊婦・妊娠中・マタニティ期におすすめの飲み物

 
妊娠中は体に入るものにも特に気を遣う必要があります。飲み物は、ペットボトルなどを避けてお茶やドリンクなどで栄養補給できるといいですよね。また、カフェインが入っているものは飲めないので、コーヒー党の人の場合は代用の飲み物も必要になります。私のおすすめは、安く続けられるティーライフさんのタンポポ茶とタンポポコーヒーのぽぽたんです。

popotan1_2

>>>ティーライフ ぽぽたん&タンポポ茶 レビュー

タンポポ茶は産後の母乳育児にも良いので、気に入った方はこれを続けていくといいかもしれません。

妊婦・妊娠中・マタニティ期のむくみ対策

 
一応医師に相談のうえということになっていますが、妊婦のむくみ対策にはファンファレさんのするるのおめぐみがおすすめです。こちらは、キャンドルブッシュやメリロートなど多量に摂取すると害があると懸念される強いハーブは使わず、穏やかな効果効能のものを使っています。

妊娠中むくみ対策
 
>>>ファンファレ するるのおめぐ実 レビュー

>>>ファンファレ するるのおめぐ実は安全か?

妊婦・妊娠中・マタニティ期の妊娠線(ストレッチマーク)対策

私は、国産オーガニックコスメのネオナチュラルさんのネオベビーシリーズのママオイルを妊娠線対策に使いました。このオイルは、妊娠線対策以外にもおっぱいマッサージなどにも使えます。つわり中でも気にならない柑橘系のさっぱりした香りなので、妊娠で急にローズがダメになったときも大丈夫でした。

妊娠線クリーム

>>>ネオナチュラル ネオベビー ママオイル

妊婦・妊娠中・マタニティ期のシャンプー

 
妊娠中は肌が弱くなったりして日ごろ使っているものが合わなくなることがあります。人によっては乾燥肌が進行してしまう人もいます。肌のスキンケアだけではなく、頭皮も乾燥して、フケやかゆみが出やすくなる時期です。

私のお勧めは、リンス・トリートメントいらずのオールインワンシャンプーharu黒髪スカルププロ。こちらは、ノンシリコンアミノ酸シャンプーで、100%自然由来成分でできているシャンプーで、産後の抜け毛・育毛対策として有名ですが、もちろん妊娠中も使えます。

妊娠中シャンプーおすすめ
 
>>>haru黒髪スカルププロ レビュー

私は数年前からずっと、3本まとめ買い(一番お得に買えます)を続けていますが、haru黒髪スカルププロにしてから、頭皮のかゆみがピタッとやみました。

乾燥肌になっているときは、シャンプー→洗髪→トリートメント→洗髪、と髪を洗う工程が増えれば増えるほど、地肌には悪い刺激になりますので、オールインワンに変えて、髪と頭皮を水にくぐらせる回数を変えるだけでも乾燥によるかゆみは改善されます。

また、オールインワンで1本3000円以内で2か月は持つので、コスパ面もとてもよいです。妊娠~産後は何かと出費が続くので、こういったシャンプーをうまく取り入れることで、上手に節約していきたいですね。

妊婦・妊娠中・マタニティ期のデリケートゾーンのケア

 
妊娠してから急に陰部やデリケートゾーンがかゆくなったり、敏感肌になってしまう人がいます。私自身もそうで、私の妊娠期間は対策が思いつかず結構悩み続けていました(2015年)。ところが、2016年に住谷杏奈さんプロデュースのデリケートゾーン専用石けんアンボーテフェミニーナウォッシュという製品が販売されまして、こちらがとても使い勝手がよかったので、私自身の妊娠中にこれが販売されていたらナ・・・と悔しい思いをしました。

アンボーテ口コミ

>>>【アンボーテ】

産前産後は想像以上にデリケートゾーンに負担がかかりますので、いつも使っている石けんが急に肌荒れするということもあります。妊娠中に陰部のかゆみやにおいが気になる方は、一度アンボーテをお試ししてみてください。継続回数に制限のない定期購入がおすすめです。

Return Top